背中にきび

自分でできる背中にきびケア。一番大切なのはともかく保湿すること!

背中にきびで悩んでいる人であれば、皮膚科などで治療を受けている人でもそうでない人でも、自分でのケアは何かしら行っていることと思います。皮膚科などで処方された薬を塗っているという人もいれば、市販の薬を使っている人もいるかもしれません。

しかし、薬を付けることも大切ですが、それよりも大切なもっと基本的なケアがあることをご存知でしょうか。それが、「保湿」です。

にきびは、肌の皮脂を栄養としてにきびの原因菌が繁殖してしまうことが原因となります。にきびの繁殖を防ぐためには、にきびの栄養となる皮脂の分泌を防ぐことも大切なケアの一つなのです。皮脂を防ぐためにはどうしたらいいかというと、その方法の一つが保湿なのです。

肌にとって理想的な、肌が健康的な状態とは、肌に適度な水分が保たれている状態です。そして、肌に適度な水分を保つために必要な存在が皮脂なのです。肌は水だけでは水分を保持しておくことができず、肌が適度に水分を留めておくためには油分の存在も欠かせません。そのため、肌が乾燥し乾燥肌の状態になると、肌では水分を肌にとどめるために必要な油分を分泌することで水分を蓄えられる状態にしようという働きが起こります。これによって肌に皮脂が過剰に分泌された状態になってしまうのです。

乾燥肌は皮脂の過剰分泌を招き、その皮脂がにきびの原因になります。そのため、にきびを予防、ケアするためには、肌の保湿が欠かせないケアの一つとなるのです。

そのため、にきびを治したい、予防したいと思うならば、必ず保湿をしてください。薬などを使わなくても、この保湿ケアだけでにきびの症状が改善する場合もあります。

顔に比べて背中の保湿をすることは難しいかもしれませんが、化粧水などをつけるだけでも保湿ケアはできます。顔と違って普段ケアを行っていない背中ですので、ちょっとしたケアをはじめるだけでも劇的に効果を発揮することもあります。また、保湿をするためには、紫外線の対策を行うことも大切です。紫外線でダメージを受けた肌はダメージを受けて乾燥しやすくなってしまうからです。

背中の洗い方にも注意をしてください。背中を清潔にしておくことも大切なのですが、必要以上に洗い過ぎたり、必要以上に強い石鹸を使ってしまうと、肌の水分を保持するために必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌を乾燥させる原因になってしまいます。

背中にきびに悩んでいる人は、色々なケアをしている人が多いのですが、この基本的になケアができていないために、せっかく行っているケアの効果が発揮できていないという人もいます。保湿ケアを行って肌の状態を理想的な状態に近づけることで、肌そのものの回復力でにきびを治すこともできますし、ケアの効果をあげていくこともできます。

にきびを治したいと思うならば、まず行わなくてはいけないのは保湿ケアです。保湿をおこなって一日もはやく背中にきびを治しましょう。


びっくりするほど綺麗になる!

背中ニキビ 【背中にきびを綺麗サッパリ消す】

どうしても背中ニキビ跡が気になるあなた。そして新しい背中ニキビが出来てしまうあなた。これで綺麗サッパリ綺麗な背中を取り戻しましょう。

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ