背中にきび

背中にきびケアの保湿は普段使っている化粧水で十分効果を発揮できる

女性であれば思春期を過ぎるころから顔に化粧水をつけたりといった基本的なケアは誰でも行ってきているものと思います。しかし、顔と違って体に関しては、毎日化粧水をつけたりクリームをつかたりということをしてきている人は多くないのではないでしょうか。

背中にきびのケアをするためには保湿することが大切なことです。しかし、長くケアをし慣れている顔と違って、背中のケアとなると、いったいどんなものを使って保湿をしたらいいのかと迷ってしまう人もいることと思います。しかし、背中にきびのケアのために保湿をするならば、化粧水、それも普段使っている化粧水でケアをしてあげるだけで十分効果を発揮できます。

顔に使い慣れている化粧水ということは、あなたの肌にあった使い慣れたものということです。顔にあって背中に合わないというものはありませんので、普段顔に使用していて特にトラブルもなく使えているということであれば、顔用につかっている普段の化粧水で背中のケアも一緒にしてあげましょう。

どんなタイプの化粧水が向いているかと質問を受けることもありますが、化粧水でしっかりと保湿ができるものであれば、肌にあってさえいれば何でもかまいません。あまりベタベタする使用感のものは、にきびによくないのではと避ける人もいますが、にきびが出来やすく乾燥している状態の肌にあまりさっぱりした化粧水を使うと十分に保湿ができないこともありますので、肌の状態にあったものを選ぶことが大切です。皮膚は乾燥すると肌を乾燥から守るために皮脂を分泌してしまいます。皮脂はにきびの栄養となりますので、そうならないためにもしっかりと保湿をすることが必要なのです。

気をつけたいのはアルコールなどの刺激が強い化粧水ですが、こういったものは普段使い慣れている化粧水であれば、刺激が強いものであるかそうでないかはよく分かっていると思います。低刺激でしっかりと保湿ができる化粧水を使ってケアをしましょう。

残る問題は、手が届きにくい背中に化粧水を付けてケアをするのは案外大変だということです。お風呂上りに服を着る前にケアをするのがおすすめです。ただし、まだ汗をかいているうちにケアをすると保湿効果が十分に得られない可能性もありますので、十分に汗がひいてからケアを行いましょう。誰かに協力してケアをしてもらえればいいですが、なかなかそうはいかないと思います。なるべく手の届く範囲で化粧水を付けていくか、コットンなどを利用して簡単にパックをする方法もおすすめです。

化粧水を浸してパックにできるフェイスマスクは有名ですが、あれの体版で、化粧水に浸して使える体パックシートというのもありますので、そうしたものを利用するのも便利でおすすめです。

背中は普段ケアをしていない分、ケアをすればにきびの症状がぐっとよくなる場合もあります。ケアしづらいところではありますが、ケアに挑戦してみてください。


びっくりするほど綺麗になる!

背中ニキビ 【背中にきびを綺麗サッパリ消す】

どうしても背中ニキビ跡が気になるあなた。そして新しい背中ニキビが出来てしまうあなた。これで綺麗サッパリ綺麗な背中を取り戻しましょう。

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ